衣類のリサイクル回収ショップはどこ?

お店に持って行って売る

資源は大事にしなければなりません。徹底的にリサイクルをしていくためにも色々な会社が動いています。

イオンでは最初からリサイクルを目的とした商品作りをしているようです。
エコロジー素材の商品開発、そこからエコメイトマーク商品というのを開発し、その商品の回収をしリサイクルするというものその限られた商品の回収から、SELF+SERVICEというブランドを作り、そこで取り扱っている全衣料の回収をするようになったり、回収した衣料品は、そのまま海外に持って行きリユースか軍手やトイレットペーパー、再び洋服にというリサイクルか分けられるそうです。

ユニクロやジーユーでも販売した全商品を回収対象にし、世界中の難民や避難民、災害被災者や妊婦、母子の支援のために服を必要としている全ての人たちにユニクロの服を着てもらおうという壮大な目標を掲げた活動をしているようです。

ただ回収してもらおうという場合でもドンドンダウンオンウエンズデイでは、店先に古着回収ボックスというものがあり、査定に時間を割けない人にも気軽に回収を勧めるものもあるようです。

リサイクル回収された後にその洋服たちがどうなってしまうのか、海外の困っている人たちの役に立っていたり、新たなものとして誰かの役立っていたりするのは、募金などの寄付に積極的に参加できない人でもそのような形で何かの役に立っていたら嬉しいですね。

イオンやユニクロのように自分たちが作った洋服に責任を持ち、世界の役に立とうというプライドが今後の世界の環境問題や貧困問題を解決していくための地道な活動なのかもしれません。そういう面でつい適当になってしまう洋服の扱いなどを見直していきたいなと思います。